oil on the spoon 婚活情報Blog

Blog

集客は大事だけど

glenn-carstens-peters-203007
                             
先日、名古屋駅のコンコースを歩いていると、ばったり同業の仲人さんとお会いしました。
                             
会うなり開口一番、
                             
「 大津さん、最近、頑張ってますね。 」
                             
( えっ、何をですか? )
                             
「 Facebookとかブログとかやってるんでしょ? 」
                             
「 こないだ仲人の集まりで噂になってましたよ、大津さんは集客に一生懸命だって。笑 」
                             
「 でも、SNSって面倒くさくないですか? 効果あります? 」
                             
恥ずかしい話ですが、昨年11月に結婚相談所をオープンして、ホームページでブログを書いていれば自然と会員さんは増えていくだろうと甘く考えていたら、増えるどころかその気配もないままあっという間に半年が過ぎました。
                             
さすがにこれはまずいと思い、個人向けの集客について勉強し始め、コンテンツマーケティングが有効だということに気づき、SNSを使って集客することを決めたのが今から4ヶ月前のことです。
                             
手始めに、数年前にアカウントだけ作ってずっと放置していたFacebookを再開し、アメブロとメルマガを始め、今はyoutubeを使った動画配信の準備をしています。
                              
僕はもともと文章を書くのが苦手だし嫌いなので、Facebookの投稿を一つ上げるだけでも一苦労なのですが、ちゃんと思いを伝えたいと思うので時間をかけて記事を推敲したりします。
                             
そういった意味では頑張っているかもしれません。
                             
でもね、僕にはもっと大事なことがあるんです。
                             
世の中にはたくさん結婚相談所があり、うちと同じくIBJ(日本結婚相談所連盟)に加盟しているところだけでも全国で1,600社ほど存在します。
                             
愛知県には130社ほどあるのですが、その内、結婚相談所の事業だけで食べていけるレベルの結婚相談所はせいぜい30社ほどしかありません。
                             
では、残りの100社はどうかというと、兼業を余儀なくされたり、開店休業状態にあります。
                             
うちも1/100の内の1社なので、日々、生き残りをかけて必死にもがいているところです。
                             
何がそんなに難しいかというと、一番の原因は集客にあります。
                             
どこの結婚相談所も集客には苦労しているので、冒頭のように同業者で集まると集客をどうしてるかという話はよく話題にのぼります。
                             
でも、毎日考えることは、1人の顧客を獲得するにはどうしたらいいかということではありません。
僕が、毎日考えることは、1人1人の会員さんたちの期待にどう応えるかということです。
                             
繰り返しますが、事業運営していく上で集客の活動を頑張ることは大事です。どんなに価値のある事業でも存続できなければ意味がないからです。
                             
でも、それ以上に、頭を使い、汗をかき、心を砕くことは、どうしたら会員さんたちが望む結婚を実現できるか、ただそれだけです。
                             
うちは開業から今まで、3人の退会者がいらっしゃいます。そのうち2人がご結婚が決まった上での退会で、1人がご期待に添えない形での退会です。
                               
一般的に、結婚相談所の成婚率は10%ほどだと言われているので、現実的にすべての会員さんのご期待に添うことができないことは理解しています。
                              
でも、人生の大事な問題を託してくれた会員さんのことを考えると、それを言い訳にする気にはなれません。
 
会員さんたちはみんな苦しい思いをしながら頑張っていらっしゃるので。
                             
仲人としてやれることは全てやる、そして最後まであきらめない。
                             
今日も会員さんのお相手を紹介してもらうために新しいネットワークを開拓してきます。