oil on the spoon 婚活情報Blog

Blog

幸福の秘密 by 『アルケミスト』

ある店の主人が、世界で最も賢い男から幸福の秘密を学んでくるようにと、息子を旅に出した。その若者は砂漠を40日間歩きまわり、ついに山の山頂にある美しい城に行きついた。賢者が住んでいたのはそこだった。

 

しかし、この若者はすぐに賢者に会えたわけではなく、城の一番大きな部屋に入ってゆくと、そこでは、さまざまな人が忙しそうに働いているのを見た。貿易商人たちが行ったり来たりしていた。隅の方では、人々が立ち話をしていた。小さなオーケストラが、軽やかに音楽を奏でていた。テーブルには、その地方で一番おいしい食べ物を盛り付けた皿がいっぱい並べられていた。賢者は一人ひとり、すべての人と話していたので、少年は2時間待って、やっと自分の番がきて、賢者の注意をひくことができた。

 

賢者は注意深く、少年がなぜ来たか説明するのを聞いていたが、今、幸福の秘密を説明する時間はないと、彼に言った。そして少年に、宮殿をあちこち見てまわり、2時間したら戻って来るようにと言った。

 

「その間、君にしてもらいたいことがある」と、2滴の油が入ったティー・スプーンを少年に渡しながら、賢者は言った。

 

「歩きまわる間、このスプーンの油をこぼさないように持っていなさい」

 

少年は宮殿の階段を登ったり降りたりし始めたが、いつも目はスプーンに釘付けだった。2時間後、彼は賢者のいる場所に戻ってきた。

 

「さて、わしの食堂の壁に掛けてあったペルシャ製のつづれにしきを見たかね。庭師のかしらが10年かけて作った庭園を見たかね。わしの図書館にあった美しい羊皮紙に気がついたかね?」と賢者がたずねた。

 

少年は当惑して、「実は何も見ませんでした」と告白した。彼のたった一つの関心事は、賢者が彼に託した油をこぼさないようにすることだった。

 

「では戻って、わしの世界のすばらしさを見てくるがよい。彼の家の知らずに、その人を信用してはならない」と賢者は言った。

 

少年はほっとして、スプーンを持って、宮殿を探索しに戻った。今度は、天井や壁に飾られたすべての芸術品を鑑賞した。庭園、まわりの山々、花の美しさを見て、その趣味の良さも味わった。賢者のところへ戻ると、彼は自分の見たことをくわしく話した。

 

「しかし、わしがお前にあずけた油はどこにあるのかね?」と賢者が聞いた。

少年が持っていたスプーンをみると、油はどこかへ消えてなくなっていた。

 

「では、たった一つだけ教えてあげよう」とその世界で一番賢い男は言った。

 

「幸福の秘密とは、世界のすべてのすばらしさを味わい、しかもスプーンの油のことを忘れないことだよ」

 

パウロ・コエーリョ著、『アルケミスト』より