oil on the spoon 婚活情報Blog

Blog

私の失敗談【前編】

oil on the spoon の大津です。

 

このブログでは、婚活をはじめようとおもっていらっしゃる方が知りたい情報、

現在、婚活を頑張っていらっしゃる方のお役に立つ情報を発信していきたいと思います。

 


 

今回のテーマは、“私の失敗談【前編】”です。

 

普段は特定の会員さんの具体的な話はしないのですが、

とても大切な内容なのでご本人の了解を得た上でお話しさせていただきます。

 

その会員さんは40代前半の女性で、性格も優しくとても綺麗な方です。

oil on the spoonに入会いただく前は別の結婚相談所で4年ほど婚活をされていたそうです。

 

最初にお会いした時は、欠点や短所が見当たらない方だったので苦戦されている理由がよくわからなかったのですが、お世話をさせていただくようになると課題はすぐにわかりました。

 

それは、とにかくお見合いが組めないのです。

 

綺麗な方なのでたくさんの男性から申し込みがありました。

同年代の女性と比べると3倍ほど多い申し込み数でした。

 

通常、女性はあまり自分から申し込みをしないものなのですが、

会わないことには始まらないので、会員さんを説得していいと思う男性には積極的に申し込みをしてもらうようにしました。

 

ただ、それでもお見合いは組めなかったのです。

 

理由は、こちらがいいと思う人と、こちらのことをいいと思ってくれる人がズレていたためです。

 

その会員さんはとても条件のいい男性を希望されていました。

年収が高く、学歴が高く、容姿がいい、そして、年齢が自分と同じか年下であるといった条件です。

 

基本的に、条件のいい男性は自分より5歳下か、人によっては10歳くらい歳下の女性を狙います。

ですので、会員さんが希望する男性のターゲットからは年齢の部分で外れてしまっていたのです。

 

そのことについては会員さんとも率直に話し合いました。

なぜお見合いが組めないのか、現状の条件ではお見合いすら組むことが難しいと。

 

そして、会員さんの返答は、「難しくてもいいから条件は落としたくない」ということでした。

 

会員さんがそう望まれるのであれば全く問題ありません。

oil on the spoonのポリシーは、会員さんのご希望にそうようにとことんサポートさせていただくことにあります。

結婚を押し付けるようなことは絶対にしません。

 

その時、我々が話し合いの末に決めた方針としては、”例えお見合いを組むことが難しくても、お相手に求める条件を落とすことはしない”ということでした。

 

【中編に続く】

 


 

こんな私に興味を持っていただいた方はぜひご連絡ください!

結婚相談所への入会相談でなくても構いません。

まずはあなたのお話しをいろいろと聞かせいただけると嬉しいです。

 

どうぞよろしくお願いします。