oil on the spoon 婚活情報Blog

Blog

決断力

oil on the spoon の大津です。

 

このブログでは、婚活をはじめようとおもっていらっしゃる方が知りたい情報、

現在、婚活を頑張っていらっしゃる方のお役に立つ情報を発信していきたいと思います。

 


 

今回のテーマは、“決断力”です。

 

日々、会員さんと向き合う中で思うことがあります。

それは、婚活の課題は人それぞれだということです。

 

以前ご紹介した結婚の方程式は覚えていらっしゃいますか?

結婚 = 出会いの数 × 交際成功率 × 決断力

 

つまり、婚活とは、たくさん出会って、自分の魅力度を上げて、そして最後は決める!この行為に尽きるというわけです。

 

この方程式を前提に考えると、現在お相手を探していらっしゃる婚活中の方々は、これら3つの要素のどこかにうまくいってない要因があると思われます。

 

うちの会員さんでも、女性としてはとても魅力的だけど、普段の生活に全く出会いがなくて出会いさえあればうまくいくと思われる方や、そもそも恋愛事が苦手で異性とのお付き合いに課題を感じていらっしゃる方など、ボトルネックになっている部分はそれぞれ会員さんによって異なります。

 

ですので、それぞれの会員さんのどこに結婚の実現を止めてしまっているボトルネックがあるのかを分析し、そのボトルネックの解消に向けて様々な手を打っていくことが私の仕事なんですが、結婚を実現する3要素のうち、“決断力”にボトルネックがある人の対処が一番難しいと感じています。

 

“決断力”がない人の一番の特徴は、決める軸がはっきりしていないことにあります。

婚活で言うならば、どんな人と結婚したいかがはっきりしていないということです。

 

では、どういう人がはっきりしていないかというと、結婚相手を条件やスペックで判断しようとしている人です。

 

いやいや、条件やスペックで判断しようとしているということは、どんな人と結婚したいかがはっきりしているんじゃないの?と疑問が返ってきそうですが、実際には条件やスペックは結婚相手を決める上での最終的な決め手にはならないのです。

 

どういうことかというと、お相手の年収や資産、学歴、お勤め先、家柄、年齢といった条件といったものは、よほどの高望みやこだわりがない以上は似たようなものを持った方というのは世の中にはたくさんいるからです。

 

お見合いをするかしないかとか、交際をするかしないかといったある程度のところまでの絞り込みはできても、最終的にこの人と一緒になるかどうかの判断は別の要因に委ねられることになるのです。

 

では、最終的な決め手とのなる別の要因とは何かというと、人柄や相性といった人の“内面性”に他なりません。

 

つまり、人柄や相性といった客観的に評価しづらい感覚的な部分において決断の軸がはっきりしていないと最後の最後で決めきれないという事態が生じてしまいます。

 

では、どうしたら“決断力”を養うことができるのか?

それには、まず“判断力”を磨くことが重要となってきます。

 

“決断力”と“判断力”は似たような概念ですが、正確には全く別物です。

簡単に言うと、“判断力”はAかBかどちらが優れているか評価する力で、“決断力”はその評価のもとにAかBかのどちらかを選び取る力です。

 

“判断力”を磨くには、情報を整理する力や物の価値を知っていること、どういうものさしで計るかが重要になってきますが、これらのことはいずれも経験がものをいうと言われています。

 

ただ、今すぐにでも結婚をしたくて婚活をしている方に、「あなたは経験が足りなくて決断力がないのでいろいろ経験してみてください!」というのはあまりにも酷なアドバイスだと思いますので、もし決断力に課題を感じられている場合は、我々のような仲人(専門家)に助言を求めてみてください。

 

専門家の言うことが必ずしも正解とは限りませんし、中には的外れな助言もあるかもしれません。しかし、自分の判断や決断に自信が持てないときは、他人の客観的な意見に耳を傾けることで自分の見落としている重要なポイントに気づいたり、自分一人では整理が難しい情報がクリアになることがよくあります。

 

最終的に結婚を決めるのはあなたご自身です。ただ、あなたの幸せを願っているのはあなただけではありません。ご家族やご友人、我々仲人もみなさんあなたの幸せを本気で願っています。正しい決断を下すために、そういった方々の意見に耳を傾けてみるのも大切なことだと思います。

 


 

こんな私に興味を持っていただいた方はぜひご連絡ください!

結婚相談所への入会相談でなくても構いません。

まずはあなたのお話しをいろいろと聞かせいただけると嬉しいです。

 

どうぞよろしくお願いします。